ベトナムでの日本語教師はどんな感じ?【1日のスケジュールは?誰でもなれるの?】

Hey guys! カケルです(@rising_blue94)

私は2019年に半年程度ベトナムのハノイに駐在していました。そこでは日本に行くことが決まっている技能実習生に対して、日本語を教える教師として働いていたんですよね。

彼女がベトナム人ということもあり、ベトナムについては詳しい方だと思います。

 

さて先日下記のツイートをしました。

「ベトナムで日本語教師として働きたいのですが、仕事内容はどうですか?」という質問をいただく 結論から言うと、残業はないし楽しいですよ
・出勤時間 8:15〜16:30
・休憩2時間
・ベトナム人の友達がバリ増える
・先生の日などイベント盛り沢山
・毎日フルーツパーティー
また先生したいわ🥺
最近、「ベトナムで働きたい!」「日本語教師に興味がある!」という方が増えているような気がします。そんな方に少しでも情報を共有したいと思ったので、今回は「ベトナムでの日本語教師」について紹介していこうと思います。

本記事を読むメリット

・ベトナムで日本語教師として働くイメージが湧く

・日本語教師のメリット・デメリットを知れる

・キャリアの選択肢を増やすことができる

 

本記事の権威性

私は半年程度、ハノイの学校で日本語教師として働いていました。本記事では、私の体験談をふまえて日本語教師について紹介していきますね。

 

記事よりYouTubeで日本語教師について知りたい方へ

「記事で紹介するよりも、動画で解説してくれよ!」という方向けです。実はYouTubeでも「ベトナムでの日本語教師」について同じ内容を解説しています。お好きな方をお選びください。

ベトナムでの日本語教師はどんな感じ?6つの質問に答える

man holding his chin facing laptop computer

この記事では6つの質問に対して答えていくようなスタイルにしようと思います。

 

①日本語教師の1日のスケジュールはどんな感じ?

私がハノイの日本語学校に勤めていた時のスケジュールは以下の通りです。

7:45 日本語学校からの送迎車が迎えに来る
8:10 学校に到着
8:15 午前の授業開始(105分)
10:00 休憩(30分)
10:30 午前の授業再開(90分)
12:00 昼休み(120分)
14:00 午後の授業開始(70分)
15:10 休憩(30分)
15:40 午後の授業再開(60分)
16:40 勤務終了、帰宅

7:45 送迎車が迎えに来る
朝は、家の近くの大通りに学校から送迎車が迎えに来てくれますバイクで通勤してもOKですが、私は所持していなかったので送迎車で通勤していました。パッと聞いた感じ、「送迎車つきでリッチな待遇だな〜!」と思われるかもしれませんが、他の教師や職員と相乗りなので、朝からぎゅうぎゅう詰めの状態で学校に向かっていました。まあ、交通費はかからないので良しとしました。

 

8:00 学校に到着
学校に到着すると、控室に荷物を置いて職員室に集います。先生たちに挨拶して、本日担当するクラスがどこなのかホワイトボードを見てチェックします。そして、担当するクラスの担任の先生に、どこの範囲を教えたら良いか尋ねます。(ちなみに各クラスに担任を持っているのはベトナム人の先生だけでした)午前中の授業前にすることはそれぐらいですかね?特に朝の朝礼もないですし、結構自由な感じです。それでは教科書をもって担当する教室に向かいましょう。

 

8:15 午前中の授業開始
教室に入ると実習生の学生たちが挨拶をしてくれます。朝からみんな元気が良いので気持ちがいいです。次に、出欠確認をとって授業を開始します。正直、授業をマジメにやっても時間が余るので、雑談や学生たちと歌ったり、ダンスをしてもOKです。各教室に監視カメラはついていますが、特に注意されることはありません。ベトナムの学校は結構自由なので、のびのび授業ができましたね。

 

10:00 休憩
休憩は30分です。この間に簡単な日誌を書くだけで、残りの時間は学生たちと話しをしても良いですし、職員室に戻ってゆっくりするのもOKです。私の場合は、ほとんど学生たちと休憩時間を過ごしていました。日本語やベトナム語を教えあったり、飲み会の計画をたてたり、ダンスしたりしてましたねw。学生たちは日本人と話したくてウズウズしているので、積極的にコミュニケーションをとってくれるので嬉しいです。

 

12:00 昼休み
昼休みになると、まずは学生たちが食堂に集まり昼ごはんを食べます。各テーブルにいくつかのおかずとスープ、ごはんがあるので食べたい分だけ食べましょう。学生たちの食事が終わると、次は職員と先生が食堂に向かって昼ごはんを食べます。私の場合は、学生たちと混じって昼食をとっていました。食事後は、近くの喫茶店でコーヒーやフルーツを食べても良いですし、控室で仮眠してもいいです。ちなみに控室には2段ベッドが2つありました。休憩が2時間あるのもありがたいですね。

 

16:40 授業終わり、帰宅
授業が終わったあとは、終礼とかないので自由に帰っていいです。送迎車で帰る場合は全員が揃うまで帰れません。私は、週に2回学生たちと近くのサッカーコートでサッカーをしていたので、学校にサッカーウェアを持っていってました。いい汗を書いたあとは、学生たちとレストランでお酒をよく飲んでいました。本当は平日にお酒を飲んだらいけないみたいですが、ルールを破る学生も多かったですね。私もですけどw。

 

ベトナムで日本語教師として働く場合、残業はなく、自由時間をたくさん確保することができました。空いた時間に、ベトナム語の勉強や副業しても良いなと思います。

 

②日本語教師で大変なことはなに?

person's eyes looking on left side

大きく分けて3つありましたね。

・日本語がほとんど分からない学生に日本語を教えるとき

・ベトナム人の先生との考え方が違うところ

・全員が興味をもって楽しめる授業にすること

日本語がほとんど分からない学生に対して日本語を教えることもありました。やってほしいことを伝えれなかったり、雑談もあまりできないので、ジェスチャーやGoogle翻訳を使ってコミュニケーションをとってましたね。だいぶ気力が奪われますw。なのでベトナム語は話せた方がいいです。

 

ベトナム人の先生は授業の時間になってもフルーツ食べて雑談したりと時間にルーズですw。日本人がマジメすぎるのか、ベトナム人がテキトーなのか比較しにくいですが、文化や考え方の違いに何度も戸惑ったことがあります。まあ、時間が経てば慣れますよ。

 

どの教室にも熱心な学生と不真面目な学生がいます。責任持って日本語を教える以上、全員が興味をもって授業に取り組めるようにしたいですよね。でも、それが難しいんです。マジメすぎると授業中寝てしまう学生が増えるし、フザケすぎると集中力が途切れてしまいます。雑談をいれたり締めるタイミングが大事なので、そこは試行錯誤しながら身につけていきたいところですね。

 

③日本語教師として長く勤めることはできるの?

woman standing on the desert while her hands up

結論から言うと99%長く日本語教師として勤めることができます

なぜならほとんどの日本語学校で日本人の日本語教師が不足しているからです。やらかす以外は契約を切られません。

また、の授業はどうしてもベトナム人の先生だと限界が出てしまう場合があるので、日本人の先生は重宝されますね。

VISAの延長は学校側が代理で行ってくれるので、本人の希望次第でベトナムに長く住むことができますよ。

 

④職場の雰囲気はどんな感じ?

several pineapples at a party

めちゃくちゃ明るくて楽しい感じですね。

職員室では休憩時間に、先生たちとフルーツを食べたり音楽を流して雑談をするのは楽しかったです。

学生たちといるともっと楽しい。廊下を歩くたびに教室に引きずりこまれるぐらい、学生たちは日本人と話したいようでした。学生たちはいつも笑顔で話しかけてくれたので、幸福度がダダ上がりでしたね。

 

⑤職員や先生と何語で話すの?

exit signage to the right

日本語で話します。ベトナム人同士の場合はベトナム語で話しますが、先生も職員も日本語が話せるので他の言語を覚える必要がありません。ただ、学校以外は日本語はおろか英語もなかなか通じないので、ベトナム語は覚えておいた方が良いなと思いました。たまに英語を話せるベトナム人もいるので、英語も話せた方がいいです。

 

⑥特別な資格は必要なの?

toddler in black sweater standing in front of Santa Claus

日本で日本語教師として働く場合は資格が必要ですが、ベトナムでは一切不要です。なぜなら、ベトナムで日本語教師として働く場合、特別なスキルや経験はいらないからなんですよね。奥が深い仕事ですが、業務自体は誰にでもできるというのが本音です。代わりに必要なことはベトナムを愛してベトナム人を尊敬することかなと思います。

 

ベトナムでの日本語教師はおすすめです

ベトナム語も分からない、文化やベトナムでの友達もいない状況で1人でハノイの飛び込みましたが、人生が大きく変わりましたね。ベトナムで働いたメリットは以下のとおりです。

ベトナムの魅力を身をもって知ることができた

・把握できないほど人脈をつくれた

・海外で働くという貴重な経験を積めた

・YouTubeを始めるキッカケにもなれた

帰国後にも知識や経験が活かせられる

 

「日本でつまらない日々を送っている。。」「海外でキャリアを積みたい!」「何か人生を変えるキッカケが欲しい!」人それぞれ異なる思いがあると思いますが、ベトナムで日本語教師として働くのも1つの選択肢と覚えてもらえたら嬉しいです。

他に「ベトナムで働くことに関して質問がある!」という方は、私のTwitterかYouTubeのコメント欄にメッセージをください。できる限り質問に答えたいと思います。

 

ベトナム系YouTuberをやっています

ベトナム人彼女と一緒に「ベトナムの面白くて・タメになること」をYouTubeで発信しています。

またベトナム語の基礎を1〜10まで教えるベトナム語講座もはじめたので興味がある方はどうぞ。

★おすすめ記事★

関連記事

Hey guys! カケルです(@rising_blue94) 私は2019年に半年程度ベトナムのハノイに駐在していました。そこでは日本に行くことが決まっている技能実習生に対して、日本語を教える教師として働いていたんですよね。[…]

関連記事

こんな人に読んでほしい! 「ベトナムにいるベトナム人に日本のお土産をあげたいけど、何が良いかわからない。。」 「会社にベトナム人実習生がいて、プレゼントをあげたい!」 「日本のなにがベトナム人に人気があるの?」 […]

この記事が気に入ったら
いいね ! 宜しくです☆