ベトナムのハノイのアパートに引っ越した!日本のアパートと違いはあるの?

Hey guys! KAKERUです(@rising_blue94)

 

ベトナムへ来て2週間ぐらいが経ち、日本にいる友人から「今どこに住んでいるの?」という質問をされました。

私はすかさずこう答えていました。

 

ホテルに住んどるで!

 

ホテルと言っても豪華な日本のビジネスホテルみたいなものではありません。シャワーとトイレは一緒で、ベッドだけがぽつんとあるホコリかぶった部屋。外は24時間騒音が鳴り響き、朝食サービスなんてものはありません。ホテルの近くに友人はおらず、こんな寂しげな私に寄り添ってくれるのは同居人のアリたちだけです。

 

しかし!

そんなホテルともついにおさらば!

ついに、「アパートが準備できた」と会社から連絡があったのです!

 

ということで!この記事では、

・アパートへの引っ越しの一部始終

・ベトナムと日本のアパートの違い

 

について書いていきますよ!

 

ホテル生活もついに卒業!良いアパートだったら良いな!

 

引っ越しも全てバイクで行う

仕事を終えホテルで待機していたところ、会社の同僚がバイクで迎えにきてくれました。引っ越しを手伝ってくれるのは大変ありがたいのですが、私には心配していることがありました。

それは、荷物は全てバイクに乗るのか!?ということです。

 

でっかいキャリーバッグ、バックパック、リュック、これらがバイク1台に乗るか不安でした。しかし、そんな不安も一瞬で打ち消されます。

ベトナム人にとってはそんなこと朝飯前で、何事もない顔で「大丈夫!大丈夫!」と言いながら、ひょいとキャリーバッグをバイクに積め、私を乗せて、出発しました。

驚くことにベトナム人は、バイク一台で4人の人を乗せることができ、冷蔵庫やタンスなど日本では考えられない物まで簡単に乗せてしまう技術を持っているのです!

 

さすがバイク社会のベトナムだぜ!

 

私達は15分くらいかけてアパートへ向かいました。私はバイクの後部座席でどんなアパートか想像しながら心を踊らせていました。

 

ベトナム ハノイのアパートを紹介

ついにアパートに到着です!アパートの1Fには、売店、床屋なのがあり、まあまあ便利そう。

 

部屋まではエレベーターで上がれます。15階まであるので高級マンションじゃね?なんて勘違いしましたが、セキュリティがゆるゆるなので誰でも入れますね。

さて、私の部屋はどんな感じなのでしょうか?では早速私の新しいお部屋をご紹介していきます!

 

ここがリビングです。ソファに机があるのは嬉しいところ。Wi-Fiも完備していて良か良か。

奥にも何もない部屋があり、一人で住むにはちょっと広いかも。

ベトナムでは基本家の中も土足なので掃除が大変そう。

 

冷蔵庫と炊飯器も完備されていました。でも、冷蔵庫も炊飯器の中身もなかなか汚れており萎えました。

 

コンセントの形状を見て分かる通り、ベトナムは日本と違ってほとんどが「Cタイプ」です。(日本はAタイプ)apple製品の充電器等はCタイプでも使用できますが、他の日本から持って来たものは使用できません。(ヘアアイロンやドライヤー等)なので、日本からC型変圧器を持っていくことをオススメします!

 

 

キッチンはこんな感じです。ガスコンロに洗い場と自炊が可能となっております。鍋もあったのでお湯を沸かせそう。箸×2、スプーン、包丁もあったのでありがたい。

 

でも何だか日本みたいな清潔感のないキッチンです。隣がシャワーとトイレですしwなので私は恐らくベトナムで自炊をしないでしょう。

 

シャワーとトイレは一緒です。掃除が大変そう。

日本はトイレとシャワーが別々なのが一般的ですが、ベトナムではユニットバスが普通みたいです。

お湯は出るまでに時間がかかりますが、しっかり出るので良かったです。

ここが寝室です。シーツもなければ、布団もありません。まだハノイは暑いので布団なしでも良いですが、寒くなると布団を買わなければなりません。

ベトナムのベッドは横に広いのですが、縦に低いです。

 

洗濯機はベランダに鎮座していました。日本製なので使い方は日本と一緒です。

でもハンガーや洗濯干しは無いので買う必要がありますね。

 

日本から持ってきた非常食の皆さんたち。日本の味が恋しくなった時、活躍してくれることを期待しています。

他にもインスタントラーメンをたくさん持ってくるべきだと後悔。私が日本から持ってきた非常食ではなかなか腹にたまりません。

ベトナムにも日本の食べ物が売っているお店がありますが、値段が日本の2〜3倍はするので頼りに出来ません。なので食べ物は出来るだけ日本から持っていきましょう。

 

私以外の住人はほとんど家族で住んでいます。6Fであるにもかかわらず、玄関の前に自転車が置かれていました。

また、このスペースでも子どもたちはサッカーをしたりするので、昼間に一人で部屋にいても終始にぎやかです。

 

ベトナム ハノイの光熱費、水道代、Wi-Fi代はいつ支払い?

私のアパートの場合は以下のとおりです。

支払日 支払場所 値段
光熱費 毎月15,16日 Vinmart ヴィンマートのレジ 1,000,000ドン(約5,000円)
水道代 毎月1,2日 アパートの1Fにある事務所 600,000ドン(約3,000円)
Wi-Fi代 毎月17,18日 部屋まで集金に来る 191,000ドン(約850円)

 

光熱費はベトナムの国民的コンビニ「Vinmart ヴィンマート」のレジで支払いをします。

レジの人に家の住所を伝えれば、勝手に精算までもっていってくれます。

支払日を延長しすぎると、何の予告もなく電気が止められてしまうので注意してください。

 

水道代に関してはアパートの場合、1Fにある事務所に支払期日に支払いをしなければなりません。

その際は、部屋番号を伝えればOKです。

一軒家に関しては、光熱費と同じくVinmart(ヴィンマート)で支払う場合が多いみたいです。

 

Wi-Fi代は私の場合、会社が負担してくれます。

集金に来る際に自腹で支払って、後日に領収証を学校の部長に提出すればお金を返金してくれます。

 

まとめ

さあ、まとめに入ります。日本とベトナムのアパートはどちらが良いか!?

 

基本、ベトナムのアパートは日本と何ら変わりないが、日本のアパートの方が良い。

 

というのも、アパートの清潔感、掃除のやりやすさを考えると日本の方がダントツで良いですね。ベトナムの光熱費や水道代、Wi-Fi代も日本とあまり変わらないのは残念。

 

でも、これから住むアパートなので何とか充実できるように頑張ります。早速、近くに美味しいフォーとバインミーの屋台を見つけたので良かったです☆

 

では最後まで読んで頂きありがとうございました!

次回もお楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね ! 宜しくです☆